心理学用語

サンクコスト効果とは、すでに支払ってしまった費用やコストに対して「もったいない」という心理が働き、合理的な判断ができなくなってしまう現象です。サンクコストとは、すでに発生していて取り消すことができない事柄のコストのことを指します。

サンクコスト効果は、日常生活でもビジネスシーンでもよく見られます。例えば、恋愛関係で、相手に好意を抱いているのに、相手から好意を寄せてもらえていない場合でも、すでに恋愛関係を築いてしまったため、別れを切り出すのが難しいことがあります。また、ビジネスで、新規事業を立ち上げたけれども、思うように売上が上がらない場合でも、すでに多額の資金を投下してしまったため、事業を中止するのが難しいことがあります。

サンクコスト効果は、合理的な判断を妨げるため、注意が必要です。サンクコスト効果に陥ると、損失をさらに拡大させる可能性があります。例えば、恋愛関係で、相手に好意を抱いているのに、相手から好意を寄せてもらえていない場合でも、サンクコスト効果に陥ると、別れを切り出すのが難しくなり、さらに関係が悪化してしまう可能性があります。また、ビジネスで、新規事業を立ち上げたけれども、思うように売上が上がらない場合でも、サンクコスト効果に陥ると、事業を中止するのが難しくなり、さらに損失を拡大させてしまう可能性があります。

サンクコスト効果を避けるためには、次のことに注意しましょう。

* すでに支払ってしまった費用やコストは、取り戻すことができないことを認識する。

* 現在の状況を客観的に評価する。

* 損失をさらに拡大させないために、早めに行動を起こす。

サンクコスト効果は、誰にでも起こりうる心理現象です。サンクコスト効果に陥ったとしても、冷静な判断をすることが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.