心理学用語

ケンリックの欲求ピラミッドは、アメリカの心理学者であるダグラス・ケンリックが提唱した、人間の欲求を階層的に表したモデルです。このピラミッドは、人間の欲求が階層構造を持ち、下位の欲求が満たされた後に上位の欲求が現れるという考え方に基づいています。

ケンリックの欲求ピラミッドは、次の16の欲求から構成されています。

1. 水

2. 食料

3. 睡眠

4. 避難所

5. 性的欲求

6. 親密な関係

7. 仲間意識

8. 尊敬

9. 自己実現

10. 権力

11. 社会正義

12. 美的体験

13. 精神的な体験

14. 冒険

15. 娯楽

16. 学習

ケンリックの欲求ピラミッドは、マズローの欲求階層説とよく似ていますが、いくつかの重要な違いがあります。まず、マズローの欲求階層説では、上位の欲求は下位の欲求がすべて満たされた後にのみ現れると考えられていますが、ケンリックの欲求ピラミッドは、下位の欲求と上位の欲求が同時に存在し、相互に影響し合うと考えられています。また、マズローの欲求階層説では、人間の欲求は固定的であると考えられていますが、ケンリックの欲求ピラミッドは、人間の欲求は状況によって変化すると考えられており、たとえば、危険な状況に陥った人は、安全を求める欲求が高まると考えられています。

ケンリックの欲求ピラミッドは、人間の欲求をより包括的に理解するためのモデルであり、マーケティングや広告などの分野で活用されています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.