心理学用語

逆ハロー効果とは、ある特定の特徴が他の特徴に悪い影響を与える現象です。

例えば、ある人が外見が悪いと、その人の能力や性格も悪いと判断されやすいということがあります。また、ある人がミスをすると、その人の全体的な評価も低くなってしまうということもあります。

逆ハロー効果は、私たちの日常生活の中でよく見られる現象です。例えば、面接で採用担当者が応募者の外見に引かれると、その応募者の能力や性格も高く評価する傾向があります。また、学校のテストで良い点を取った生徒は、先生から良い評価を受ける傾向があります。

逆ハロー効果は、私たちの判断に偏りを生じさせ、不公平な結果を招く可能性があります。そのため、逆ハロー効果を認識し、その影響を軽減するために努力することが大切です。

逆ハロー効果を軽減するためには、次の点に注意することが重要です。

* 特定の特徴に偏りすぎないように注意する。

* 多角的に評価する。

* 自分の偏りを認め、その影響を軽減する努力をする。

逆ハロー効果は、私たちの判断に偏りを生じさせ、不公平な結果を招く可能性があります。しかし、逆ハロー効果を認識し、その影響を軽減するために努力することで、より公平で正確な判断を行うことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.