心理学用語

黄昏効果とは、日没から就寝までの時間帯に視覚機能や認知機能が低下する現象です。これは、日光が減少すると、メラトニンの分泌が活発になるためです。メラトニンは、睡眠を促進するホルモンであり、視覚機能や認知機能に悪影響を及ぼします。

黄昏効果は、以下のような症状を引き起こす可能性があります。

* 視力低下

* 注意力低下

* 判断力低下

* 反射神経低下

* 睡魔

* イライラ

* 不安

黄昏効果は、夕方から夜にかけて最も強く現れます。そのため、この時間帯に運転や作業を行う場合は、十分に注意が必要です。

黄昏効果を軽減するためには、以下のような点に注意してください。

* 夕方から夜にかけては、明るい場所で過ごすようにしてください。

* 運転や作業を行う場合は、十分に休息をとってください。

* アルコールやカフェインを摂取しないようにしてください。

* 睡眠時間は十分に確保してください。

黄昏効果は、誰にでも起こり得る現象です。しかし、上記の点に注意することで、黄昏効果による影響を軽減することができます。

黄昏効果は、視覚機能や認知機能の低下だけでなく、事故やトラブルの原因にもなります。そのため、黄昏効果を理解し、対策を講じることは、非常に重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.