心理学用語

ジャネの法則とは、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案した法則です。ジャネの法則は、年齢を重ねるにつれて時間が早く過ぎていくように感じるという現象を説明するものです。

ジャネは、時間の流れは主観的なもので、年齢を重ねるにつれて、過去の記憶が蓄積され、新しい経験が少なくなると、時間の流れが速く感じられると考えました。例えば、10歳の子供にとっての1年は、人生の10分の1ですが、60歳の老人にとっての1年は、人生の10分の60です。同じ1年でも、子供にとっては人生の10分の1を占める大きな出来事ですが、老人にとっては人生の10分の60を占める小さな出来事です。そのため、子供は老人よりも1年を長く感じるのです。

ジャネの法則は、多くの研究によって裏付けられています。例えば、ある研究では、10歳の子供と60歳の老人に、1年を100分割するように依頼しました。その結果、子供は老人よりも1年を細かく分割しました。つまり、子供は1年を老人よりも長く感じていたのです。

ジャネの法則は、私たちの日常生活にも影響を与えています。例えば、子供は老人よりも時間に縛られることが少なく、自由に遊ぶことができます。そのため、子供は時間の経過を気にせずに遊ぶことができます。一方、老人は時間に縛られることが多く、仕事や家事などで忙しく過ごしています。そのため、老人は時間の経過を気にしてしまいます。

ジャネの法則は、私たちが時間の流れをより意識的に捉えるきっかけを与えてくれます。時間は有限であること、そして、時間は私たちに与えられた貴重な財産であることを忘れずに、毎日を大切に過ごしましょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.