心理学用語

400度の法則とは、東京において、2月以降の毎日の平均気温の合計が摂氏400度前後となった頃に、桜が開花するという統計的な法則です。この法則は、1951年から2000年までの50年間の桜の開花記録を分析して導き出されました。

400度の法則は、桜の開花に必要なエネルギー量を積算気温として表したものです。桜は、冬の寒さで休眠状態になっていますが、春になると気温が上がると休眠状態から覚醒し、花芽を形成します。花芽形成には、一定量のエネルギーが必要です。このエネルギー量が、400度の法則で表される積算気温です。

400度の法則は、桜の開花を予測する際に役立ちます。400度の法則によると、2月以降の平均気温が400度に達する頃に、桜が開花することになります。そのため、2月以降の平均気温が400度に達する前に、桜が開花するかどうかを予測することができます。

400度の法則は、桜の開花を予測する際に役立ちますが、あくまでも統計的な法則です。そのため、400度の法則どおりに桜が開花するとは限りません。桜の開花は、気候の変化や桜の品種など、さまざまな要因によって影響を受けるためです。

しかし、400度の法則は、桜の開花を予測する際に役立つ統計的な法則です。桜の開花を楽しみにしている方は、400度の法則を参考に、桜の開花を予測してみてください。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.