心理学用語

同族嫌悪とは、自分の属する民族や集団に対して憎しみや嫌悪を抱く感情です。これは、差別や偏見によって引き起こされることが多いです。同族嫌悪は、個人のレベルだけでなく、社会全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

同族嫌悪の原因は、いくつか考えられます。一つは、差別や偏見です。差別や偏見によって、自分の属する民族や集団が劣っていると感じてしまうことがあります。また、自分の属する民族や集団が、他の民族や集団によって虐待や迫害を受けている場合にも、同族嫌悪を抱くことがあります。

同族嫌悪は、個人のレベルだけでなく、社会全体に悪影響を及ぼす可能性があります。同族嫌悪によって、民族紛争や暴動が起こることがあります。また、同族嫌悪は、個人の精神的健康にも影響を与える可能性があります。同族嫌悪に苦しんでいる人は、うつ病や不安障害などの精神疾患を発症することがあります。

同族嫌悪を解決するためには、差別や偏見をなくすことが重要です。また、教育を通じて、人種や民族の違いを理解し、尊重する気持ちを育むことも重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.