心理学用語

同情論証とは、論理的な根拠ではなく、聴衆の同情や罪悪感に訴えかけて、自分の主張を受け入れさせようとする論法です。同情論証は、議論の場でよく用いられる詭弁の一種です。

同情論証の例としては、次のようなようなものがあります。

* 「私は貧乏なので、助けてください。」

* 「私は病気なので、仕事に行けません。」

* 「私は一人暮らしで、寂しいです。」

このような主張は、聴衆の同情や罪悪感に訴えかけて、自分の主張を受け入れさせようとしています。しかし、同情論証は、論理的な根拠がありません。そのため、同情論証によって説得されたとしても、それは真実や正義を受け入れたとは言えません。

同情論証は、議論の場でよく用いられますが、それは論理的な詭弁です。同情論法に騙されないように、注意が必要です。

同情論証を避けるためには、次の点に注意しましょう。

* 論理的な根拠に基づいて主張を展開する。

* 感情に訴えかけるのではなく、事実やデータに基づいて主張を展開する。

* 相手の主張を尊重し、反論する。

同情論証は、論理的な詭弁です。同情論証に騙されないように、注意しましょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.