心理学用語

一物一価の法則とは、自由競争市場においては、同一の財やサービスの価格は同一になるという法則です。これは、自由競争市場では、買い手と売り手が自由に価格を交渉することができ、買い手と売り手が納得する価格で取引が行われるためです。もし、ある商品の価格が異なる場合、買い手はより安い価格で購入しようとし、売り手はより高い価格で販売しようとするでしょう。結果として、商品の価格は同一に調整され、買い手と売り手の利益が最大化されます。

一物一価の法則は、経済学において重要な法則の一つです。この法則は、市場の効率性を保ち、資源の有効な配分を促進する役割を果たしています。また、一物一価の法則は、消費者の利益を保護する役割も果たしています。消費者は、一物一価の法則に基づいて、商品をより安く購入することができます。

ただし、一物一価の法則は、完全競争市場を前提とした法則です。完全競争市場とは、買い手と売り手の数が非常に多く、商品の差別化がほとんどない市場です。このような市場では、一物一価の法則は非常によく成り立ちます。しかし、現実の市場では、完全競争市場とは程遠い市場が存在します。例えば、寡占市場や独占市場では、買い手と売り手の数が少なかったり、商品の差別化が進んでいたりします。このような市場では、一物一価の法則は必ずしも成り立たない場合があります。

一物一価の法則は、経済学において重要な法則ですが、現実の市場では必ずしも成り立たないということを理解しておくことが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.