心理学用語

いい子症候群とは、子どものころに親や先生に褒められたい、愛されたい、認められたいという気持ちから、常に他人の顔色をうかがうようになり、自分の意見や感情を押し殺して、周囲に迎合するような言動をしてしまうことを指します。

いい子症候群の人は、以下のような特徴があります。

* 自分の意見や感情を主張することが苦手

* 他人の期待に応えようとしすぎる

* 自分のことよりも他人のことを優先する

* 失敗を恐れて挑戦しない

* 人に頼ることが苦手

* 常に不安や緊張を感じる

* 自己肯定感が低い

いい子症候群は、子どものころの家庭環境や教育が影響すると考えられています。例えば、親が過度に厳格で、子どもの失敗を許さなかったり、子どもの意見を尊重しなかったりする家庭で育った場合、子どもは自分の意見や感情を表現することが難しくなり、いい子症候群に陥ることがあります。また、学校で先生に怒られたり、友達からいじめられたりしたことにより、自分の意見や感情を表現することが怖くなり、いい子症候群に陥ることもあります。

いい子症候群は、大人になっても様々な問題を引き起こす可能性があります。例えば、仕事で失敗を恐れて挑戦しない、人間関係で自分の意見を主張できず、周囲に流されてしまう、恋愛で自分の気持ちを表現できず、恋がうまくいかない、などです。

いい子症候群を改善するには、以下のような方法があります。

* 自分の意見や感情を認め、大切にすること

* 他人の期待に応えようとしすぎないこと

* 自分のことよりも他人のことを優先しすぎないこと

* 失敗を恐れずに挑戦すること

* 人に頼ること

* 自分を肯定すること

いい子症候群は、誰でも陥る可能性のある問題です。もし、自分や周りの人にいい子症候群の特徴があると思ったら、早めに改善に取り組むことが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.