心理学用語

プロスペクト理論とは、1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって提唱された、不確実性下における意思決定の理論です。プロスペクト理論では、人は損失を回避する傾向があり、状況によってその判断が変わると考えられています。

プロスペクト理論の特徴は、次の2点です。

1. 損失回避性:人は損失を回避する傾向があるため、同じ価値の損失と利益を比較すると、損失の方が大きく感じる。

2. 確率の非線形性:人は確率を線形に評価するのではなく、確率が低いほど大きく評価する。

プロスペクト理論は、多くの実験でその有効性が示されています。たとえば、ある実験では、被験者に次の2つの選択肢から1つを選んでもらうよう依頼されました。

A:確率1/3で100万円、確率2/3で何も得られない。

B:確実に50万円を得る。

ほとんどの被験者は、確実に50万円を得る選択肢を選びました。これは、損失回避性と確率の非線形性により、確率1/3で100万円を得る選択肢よりも、確実に50万円を得る選択肢の方が、より魅力的に感じられたためと考えられます。

プロスペクト理論は、経済学、マーケティング、経営学、心理学など、さまざまな分野で応用されています。たとえば、プロスペクト理論は、消費者の行動を理解するために使用されており、マーケティング戦略の策定に役立っています。また、プロスペクト理論は、リスク管理や意思決定にも応用されており、企業の経営戦略の策定に役立っています。

プロスペクト理論は、人間の意思決定を理解するための重要な理論です。プロスペクト理論を理解することで、私たちはより合理的な意思決定をすることができるようになります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.