心理学用語

ブンゼン-ロスコーの法則とは、光化学反応において、変化する物質の量は、吸収された光の強度とその照射時間の積に比例するという法則です。1862年にドイツの化学者ロバート・ブンゼンとヘンリー・ロスコーによって発見されました。

ブンゼン-ロスコーの法則は、光化学反応において、光の強度と照射時間のどちらを増やしても、変化する物質の量は同じになるということを示しています。例えば、光の強度を2倍にすると、照射時間を半分にすれば、変化する物質の量は同じになります。

ブンゼン-ロスコーの法則は、光化学反応の研究において重要な法則です。この法則は、光化学反応の速度を計算したり、光化学反応の効率を改善したりするために使用されています。

ブンゼン-ロスコーの法則は、光化学反応だけでなく、他の分野でも応用されています。例えば、写真撮影では、ブンゼン-ロスコーの法則に基づいて、フィルムを露光する時間と光の強度を調整することで、画像の明るさをコントロールしています。

ブンゼン-ロスコーの法則は、光と物質の相互作用を理解する上で重要な法則です。この法則は、光化学反応の研究だけでなく、他の分野でも応用されています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.