心理学用語

反転効果とは、人は損失に対する恐怖が利益に対する欲求よりも大きいため、損失を回避するためにリスクを避ける傾向があるという心理効果です。

この効果は、1979年に心理学者のダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルシによる研究で提唱されました。彼らは、被験者に「100ドルを賭けて1000ドルにするか、何もしないか」という選択肢を2つ提示しました。すると、ほとんどの被験者は何もしないという選択肢を選んだのです。これは、損失を回避するためにリスクを避けたためと考えられています。

反転効果は、投資やギャンブルなど、リスクを伴う意思決定において大きな影響を与えます。人は、損失を回避するために、利益よりもリスクを低く抑える傾向があります。そのため、投資では損失を恐れて投資を中止したり、ギャンブルでは負け続けるとさらに賭け金を増やしたりすることがあります。

反転効果は、人間の心理的なバイアスの一つです。このバイアスを理解することで、リスクを伴う意思決定をより合理的に行うことができます。

反転効果を避けるためには、以下の点に注意しましょう。

* 損失に対する恐怖を認識する

* リスクとリターンを明確に把握する

* 損失を想定した計画を立てておく

* 感情に流されずに冷静に判断する

反転効果は、人間の心理的なバイアスの一つです。このバイアスを理解することで、リスクを伴う意思決定をより合理的に行うことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.