心理学用語

エルダー制度とは、新入社員に対して、年齢が近い先輩社員が教育係として、実務指導や相談役を担う制度です。エルダーは、新入社員の業務習得と成長を促進し、職場に早くなじんで会社に定着させることを目的としています。

エルダー制度のメリットは、以下の通りです。

* 新入社員は、年齢が近い先輩社員から実務指導を受けることで、より早く業務を習得することができます。

* 新入社員は、先輩社員から会社や職場の文化・風習を学ぶことができます。

* 新入社員は、先輩社員からメンタル面でのサポートを受けることができます。

* エルダーは、新入社員の成長を支援することで、自身のマネジメントスキルやリーダーシップスキルを向上させることができます。

* エルダーは、新入社員から学ぶことで、自身のスキルアップやキャリアアップにつながる可能性があります。

エルダー制度を導入する際には、以下のような点に注意が必要です。

* エルダーと新入社員の年齢差があまり大きくないことが望ましいです。

* エルダーは、新入社員の成長を支援する気持ちを持っていることが重要です。

* エルダーは、新入社員の相談に応じられる時間や体力があることが重要です。

* エルダーは、新入社員との関係を築くためのコミュニケーション能力があることが重要です。

エルダー制度は、新入社員の育成と定着を促進するために有効な制度です。企業は、エルダー制度を導入することで、新入社員の成長を支援し、会社の将来を担う人材を育成することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.