心理学用語

サブモダリティとは、神経言語プログラミング(NLP)において、人が五感で認識する情報の詳細な特徴を言います。NLPでは、サブモダリティを特定することで、人の思考、感情、行動を理解し、変える手法が用いられています。

サブモダリティは、視覚、聴覚、体感の3つのカテゴリーに分けられます。

* 視覚サブモダリティ:色、明るさ、大きさ、形、位置、距離、動きなど

* 聴覚サブモダリティ:音の大きさ、音程、音のスピード、音の質感、音の聞こえる位置など

* 体感サブモダリティ:温度、湿度、感触、重さ、圧力など

サブモダリティは、人が五感で認識する情報の詳細な特徴です。そのため、サブモダリティを特定することで、人の思考、感情、行動を理解し、変える手法が用いられています。

例えば、ネガティブな思考や感情を抱えている人は、サブモダリティを特定することで、その思考や感情をポジティブなものに変える手法が用いられています。例えば、ネガティブな思考を抱えている人は、その思考を視覚的に小さく、薄く、遠くで見ることで、その思考を軽視するようにすることができます。また、ネガティブな感情を抱えている人は、その感情を聴覚的に小さく、ゆっくりに聞くことで、その感情を抑制することができます。

サブモダリティは、NLPにおいて重要な概念です。サブモダリティを特定することで、人の思考、感情、行動を理解し、変える手法が用いられています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.