心理学用語

自己肯定感とは、自分の価値や存在を認め、肯定する気持ちです。自己肯定感が高い人は、自分を信じることができ、自分の能力や価値を認めることができます。そのため、困難な状況に直面しても、諦めずに立ち向かうことができます。また、自己肯定感が高い人は、他人を受け入れることができ、人間関係が良好です。

自己肯定感は、幼少期に形成されると言われています。子どもが親や周囲の大人から愛情や肯定的な言葉を受けることで、自己肯定感は高まります。一方、子どもが親や周囲の大人から否定的な言葉や態度を受けることで、自己肯定感は低下します。

自己肯定感を高めるためには、自分を認め、肯定する気持ちを持つことが大切です。自分の長所や短所を客観的に見つめ、自分の価値を認めましょう。また、自分を信じ、自分の能力を信じましょう。自分を信じることで、困難な状況に直面しても、諦めずに立ち向かうことができます。

自己肯定感を高めるためには、他人を受け入れることも大切です。他人を受け入れることで、人間関係が良好になり、幸せを感じるようになります。

自己肯定感は、人生を豊かにする大切な要素です。自己肯定感を高め、自分を愛し、自分を大切にしましょう。

自己肯定感を高めるための具体的な方法は以下の通りです。

* 自分の長所を探し、認める

* 自分の短所を受け入れ、改善する

* 自分を信じ、自分の能力を信じる

* 他人を受け入れ、人間関係を良好にする

* 自分を大切にする

自己肯定感は、日々の積み重ねで高めることができます。少しずつでもいいので、自己肯定感を高めるための努力を続けましょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.