心理学用語

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは、企業が保有する製品やサービスのポートフォリオを分析し、最適な経営資源の配分を検討するためのフレームワークです。PPMでは、市場成長率と相対市場シェアを軸に、製品やサービスを4つの象限に分類します。

* 花形(スター):市場成長率が高く、相対市場シェアも高い製品やサービス。収益性が高いが、競争が激しいため、継続的な投資が必要。

* 金のなる木(キャッシュカウ):市場成長率は低いが、相対市場シェアが高い製品やサービス。収益性が高く、安定した収入源となる。

* 問題児(ドッグ):市場成長率が高く、相対市場シェアが低い製品やサービス。収益性が低く、競争が激しいため、早期の撤退が必要。

* 負け犬(クズ犬):市場成長率は低く、相対市場シェアも低い製品やサービス。収益性が低く、競争力も低いため、早期の撤退が必要。

PPMでは、各製品やサービスの位置を把握することで、経営資源の配分を最適化することができます。例えば、花形製品や金のなる木製品には、継続的な投資を行い、収益性を高めることができます。問題児製品や負け犬製品については、早期の撤退を検討することで、経営資源の無駄を防ぐことができます。

PPMは、企業が持続的な成長を実現するために重要なフレームワークです。企業は、定期的にPPMを実施し、経営資源の配分を最適化することで、収益性と競争力を高めることができます。

PPMのメリットは、次のとおりです。

* 経営資源の配分を最適化することで、収益性と競争力を高めることができる。

* 企業の戦略的方向性を明確にすることができる。

* リスクを管理することができる。

* 意思決定を迅速に行うことができる。

PPMのデメリットは、次のとおりです。

* 複雑な分析が必要である。

* 時間と費用がかかる。

* 常に最新の情報を反映していない可能性がある。

PPMは、企業が持続的な成長を実現するために重要なフレームワークです。しかし、PPMは万能ではありません。PPMを実施する際には、そのメリットとデメリットを十分に理解した上で、慎重に検討する必要があります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.