心理学用語

インパクトバイアスとは、人々が将来の感情状態の長さまたは強さを過大評価する傾向です。つまり、人は、将来の出来事が自分に対して与える影響が、実際よりも大きく、長く続くと考えてしまうことです。

インパクトバイアスは、様々な場面で現れます。例えば、新しい仕事に就く、結婚する、子供を産む、などといった人生の大きな転機においては、人は、これらの出来事が自分にとって非常に大きな影響を与え、幸福や悲しみなどの感情を長く持続させると考えます。しかし、実際には、これらの出来事は、時間の経過とともに、人は慣れてしまい、それほど大きな影響を与えなくなることがほとんどです。

インパクトバイアスは、意思決定にも影響を与えます。人は、インパクトバイアスによって、将来の出来事が自分に対して与える影響が大きく、長く続くと考えるため、リスクを回避し、安全な選択肢を選ぶ傾向にあります。これは、新しいビジネスを始める、投資をする、などのリスクの高い選択肢を避ける原因となる可能性があります。

インパクトバイアスを克服するには、将来の出来事が自分に対して与える影響が、実際よりも大きく、長く続くと考えないようにする必要があります。そのためには、将来の出来事が起こった場合、自分がどのように感じるかを具体的に想像してみることが効果的です。また、過去の経験を振り返り、過去の出来事が自分に対して与えた影響が、実際よりも大きかったかどうかを検証してみることも有効です。

インパクトバイアスは、人々の意思決定に大きな影響を与える認知バイアスです。インパクトバイアスを理解し、克服することで、より良い意思決定を行うことができるようになります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.