心理学用語

コーンスウィート錯視は、1966年にアメリカの心理学者トーマス・コーンスウィートによって発見された視覚錯覚です。コーンスウィートは、同心円状の明るさの分布が、周囲の明るさによって錯覚的に変化するように見えることを発見しました。

コーンスウィート錯視の図は、同心円状に明るさが分布しています。しかし、中央の円は、周囲の円よりも明るく見えます。これは、中央の円の周囲に暗い線が描かれているためです。この暗い線が、中央の円を明るく見せているのです。

コーンスウィート錯視は、視覚の明るさの知覚に関係しています。私たちの視覚は、明るい物体と暗い物体の差を認識することで、物体の明るさを知覚しています。コーンスウィート錯視では、暗い線が中央の円と周囲の円の明るさの差を大きく見せるため、中央の円が明るく見えるのです。

コーンスウィート錯視は、視覚の知覚について私たちに多くのことを教えてくれます。私たちの視覚は、必ずしも物体の本当の明るさを正確に知覚しているわけではないのです。私たちの視覚は、知覚のバイアスによって影響を受けることがあります。コーンスウィート錯視は、そのような知覚のバイアスの一つです。

コーンスウィート錯視は、私たちの視覚について理解するための貴重なツールです。コーンスウィート錯視を理解することで、私たちの視覚がどのように働いているのかをより深く理解することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.