心理学用語

マキャベリ的知性仮説とは、人間の知性の進化は、複雑な社会的関係を理解し、対処するための能力が主な要因であったとする仮説です。この仮説は、1992年にイギリスの心理学者ロビン・ダンバーによって提唱されました。

ダンバーは、人間の脳は、他の霊長類の脳に比べて大きく、特に前頭葉が大きく発達していることに注目しました。前頭葉は、計画や思考、意思決定などの高次脳機能に関与する部分です。ダンバーは、この前頭葉が、人間の複雑な社会的関係を理解し、対処するために発達したと考えました。

ダンバーは、人間の知性の進化を説明する仮説として、マキャベリ的知性仮説を提唱しました。この仮説によれば、人間の知性は、他の霊長類よりも複雑な社会的関係を理解し、対処するために進化したものです。

マキャベリ的知性仮説は、多くの研究によって支持されています。例えば、ダンバーは、人間の脳の大きさと、社会的群れの規模の間には正の相関があることを示しました。また、マキャベリ的知性が高い人ほど、社会的関係をうまく構築し、維持できることも示されています。

マキャベリ的知性仮説は、人間の知性の進化を理解する上で重要な仮説です。この仮説は、人間の知性が、他の霊長類よりも複雑な社会的関係を理解し、対処するために進化したことを説明しています。この仮説は、人間の社会性と知性の関係を理解する上で重要な役割を果たしています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.