心理学用語

自我消耗仮説とは、セルフコントロールや意志力は、使うとなくなる精神的なリソースの限られたプールを利用しているという考えです。精神的活動のためのエネルギーが低下したとき、セルフコントロールははっきりと弱っており、自我消耗の状態にあるとされます。

自我消耗仮説は、1996年にスタンフォード大学の研究者であるミハイル・チクセントミハイによって提唱されました。チクセントミハイは、自我消耗は、セルフコントロールを必要とする活動を繰り返すことで生じ、その結果、セルフコントロールの能力が低下し、意欲や集中力、創造力などのパフォーマンスが低下すると主張しました。

自我消耗仮説は、多くの研究によって支持されています。例えば、ある研究では、セルフコントロールを必要とする活動を行った後に、意欲や集中力、創造力などのパフォーマンスが低下することが示されました。また、別の研究では、セルフコントロールを必要とする活動を行った後に、イライラや怒りなどのネガティブな感情が高まることが示されました。

自我消耗は、私たちの日常生活に多くの影響を与えます。例えば、仕事で難しい課題に取り組んだ後、家事や育児に集中できなくなることがあります。また、学校で試験勉強を頑張った後、遊びに集中できなくなることがあります。さらに、人間関係において、相手の気持ちを理解して対応することが難しくなることがあります。

自我消耗を防ぐためには、セルフコントロールを必要とする活動を過度に行うことを避けることが重要です。また、セルフコントロールを必要とする活動を行う前に、十分な休息をとることも重要です。さらに、セルフコントロールを必要とする活動を行う中は、リラックスできる方法を見つけることが重要です。

自我消耗は、私たちの日常生活に多くの影響を与える可能性があります。しかし、自我消耗を防ぐための方法を知ることで、自我消耗を軽減し、より良い生活を送ることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.