心理学用語

メラビアンの法則とは、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンによって提唱された法則です。この法則は、人間がコミュニケーションを行う際に、言語情報、聴覚情報、視覚情報の3つの情報から、相手の感情や態度を判断しているとしています。

メラビアンは、被験者に映画を観せながら、その映画の登場人物の感情や態度を判断してもらいました。その結果、被験者は、登場人物の言語情報よりも、聴覚情報や視覚情報から、より多くの情報を得て、登場人物の感情や態度を判断していることがわかりました。

メラビアンの法則によると、言語情報は、相手の感情や態度を判断する際に、7%しか影響を与えません。一方で、聴覚情報は、38%、視覚情報は、55%の影響を与えます。つまり、人間は、言葉よりも、声のトーンや表情、身振りなどから、相手の感情や態度を判断しているのです。

メラビアンの法則は、ビジネスシーンでも応用することができます。例えば、プレゼンテーションを行う際に、声のトーンを明るくしたり、笑顔で話したりすることで、相手に好印象を与えることができます。また、交渉を行う際に、相手の目を見て話したり、うなずいたりすることで、相手の話を理解していることを示すことができます。

メラビアンの法則は、人間のコミュニケーションを理解する上で重要な法則です。この法則を理解することで、より効果的なコミュニケーションをとることができるでしょう。

以下に、メラビアンの法則をビジネスシーンで応用する際のポイントをいくつか挙げます。

* 声のトーンを明るくする。

* 笑顔で話す。

* 相手の目を見て話す。

* うなずく。

* 適度に休憩をとる。

* 簡潔に話す。

* 具体的な例を挙げる。

* 質問をもらう。

* 相手の意見を聞く。

これらのポイントを意識することで、より効果的なコミュニケーションをとることができるでしょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.