心理学用語

WOOPの法則とは、目標を達成するための効果的な方法論です。WOOPは、Wish(望み)、Outcome(結果)、Obstacle(障害)、Plan(計画)の頭文字を取っています。

WOOPの法則では、まず、自分が達成したい目標を明確にします。次に、その目標を達成したときにどのような結果が得られるかを考えます。そして、目標を達成する上での障害を特定します。最後に、障害を克服するための計画を立てます。

WOOPの法則を効果的に活用するためには、以下のポイントを押さえておく必要があります。

* 目標は具体的で、かつ達成可能なものである必要があります。

* 結果は、目標を達成したときにどのような良いことが起こるかを具体的にイメージできるものである必要があります。

* 障害は、目標を達成する上で実際に起こりそうな障害である必要があります。

* 計画は、障害を克服するための具体的な行動計画である必要があります。

WOOPの法則を活用することで、目標を達成する可能性が高まります。ぜひ、試してみてください。

WOOPの法則の具体的な例をいくつかご紹介します。

* 目標:英語を流暢に話せるようになりたい。

* 結果:英語で外国人と会話できるようになり、世界中の人と交流できるようになる。

* 障害:英語の勉強を続けるのが難しい。

* 計画:毎日30分間英語の勉強をする。英会話教室に通う。

この例では、目標を達成したときにどのような良いことが起こるかを具体的にイメージすることで、モチベーションを高めることができます。また、障害を特定することで、目標を達成するための具体的な計画を立てることができます。

WOOPの法則は、目標を達成するための効果的な方法論です。ぜひ、試してみてください。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語マスターへの道 All Rights Reserved.